中学校長会 活動方針

平成30年度 中学校長会 活動方針

 生産年齢人口の減少、グローバル化の進展や絶え間ない技術革新等により、社会は急激に変化しており、予測が困難な時代となっている。生徒が生きることになるそのような社会を想定し、平成29年3月、次期学習指導要領が告示された。平成32年度の完全実施に向けて「社会に開かれた教育課程」を重視する中で、知・徳・体にわたる「生きる力」の育成に力を注がなければならない。カリキュラム・マネジメントの工夫を推進する中で、「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善が求められている。

 私たち校長は、「第2期石川の教育振興基本計画」に示された基本理念を踏まえ、「社会を生き抜く力」を育む中学校教育を実現する責任を負っている。そのために、全日中教育ビジョン「学校からの教育改革」を指針とする幅広い研究協議を重ねるとともに、校長としての使命感とビジョンを持ち、地域の歴史や特色を踏まえ、新時代に対応する学校づくりに向けて、確かなリーダーシップを発揮しなければならない。

 また、東日本大震災をはじめ、災害等における被災地の学校教育の早期復興を全力で支援するとともに、地域の実態に応じた防災教育の充実を図る必要がある。

 石川県小中学校長会中学校長会は、「社会を生き抜く力を身に付け、未来を切り拓く日本人を育てる中学校教育」の実現を目指し、県民の信託に応えるため、以下の重点に基づき、本会の運営に当たる。

本年度の活動の重点

  1. 国の動向や県の施策を踏まえ、関係機関との連携を図るとともに、全日中教育ビジョンに基づく「学校からの教育改革」を推進し、教育水準の維持・向上に努める。
  2. 新学習指導要領への移行期間であることを念頭に、生徒の確かな学力の定着、豊かな心と健やかな身体の育成を目指し、「いしかわ学びの指針12か条+(プラス)」を重視した特色ある教育課程の編成と実施並び検証に努める。
  3. 学校の自主性・自律性の確立に努めるとともに、保護者や地域社会からの多様な要望に適切に対応する学校運営を通して、信頼される学校づくりを推進する。
  4. 教職員としての資質能力の向上と社会状況の変化に適応する意識改革を図るために、組織的・計画的に次代を担う人材育成に努めるとともに、教職員の多忙化解消に教育委員会と連携して取組を進める。
  5. 教育委員会及び関係諸機関と連携を密にし、教育諸条件の整備・改善を推進する。
  6. 小学校や高等学校等との連携による円滑な接続を図るとともに、互いの課題を共有し、その解決に向けて積極的に協力できる体制づくりを構築する。
  7. 生徒の健全育成と体力の向上を目指す部活動のあり方、活動環境の向上、諸条件の整備等について協議を重ね、更に保護者や関係諸団体と連携し、活動の充実・発展に資する。
  8. 「石川県小中学校教育研究会」の充実に向けて支援する。